カテゴリー:人物列伝

  • 『オクニョ』に登場する3人の極悪人とは誰か?

    『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物の中で、実在した重要人物は文定(ムンジョン)王后、尹元衡(ユン・ウォニョン)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、明宗(ミョンジョン)といった面々だ。歴史的にはどんな人物だったのか。 …
  • トンイが王宮に入ってきた経緯が謎だらけ!

    ドラマ『トンイ』の主人公トンイは史実では淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)のことだ。彼女が歴史上、どのような経緯で王宮に入ってきたかがはっきりしていない。諸説があるのだが、どれも確証がないのだ。 伝えられているエ…
  • 悪行に手を染めた「朝鮮王朝五大悪女」とは誰か?

    韓流時代劇を見ていて特に目立つのが悪女の存在だ。様々な大事件が起こったとき、その背後には恐ろしいほどの悪女が潜んでいた。その中でも特に名が知られた悪女は誰なのだろうか。 残りの2人とは? 朝鮮王朝の三大悪女と…
  • トンイはドラマの聖女とは別人のような人物?

    イ・ビョンフン監督の傑作時代劇『トンイ』で、ハン・ヒョジュが演じたトンイは、明るくて純粋な女性として描かれていた。反対に張禧嬪(チャン・ヒビン)は、典型的な悪女になっていた。しかし、それは史実の通りなのだろうか。 …
  • 朝鮮王朝にはどれだけ恐い悪女がいたのか?

    悪女と言えば、韓国時代劇の登場人物としてよく描かれるキャラクターである。彼女たちは、政治に介入して朝鮮王朝に混乱を招くことが多かった。どうして、そんなことが許されたのだろうか。そもそも、朝鮮王朝の歴史は王を中心とした男性…
  • 悪の手先として波乱万丈の人生を送った鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

    鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の人生を振り返ってみると、低い身分から何が何でも抜け出てやろう、という悲壮なまでの覚悟が見えてくる。鄭蘭貞の母は奴婢(ぬひ)だったために、普通なら鄭蘭貞も同じ境遇で生きなければならなかったのだ…
  • 暴君をそそのかした悪女・張緑水(チャン・ノクス)!

    暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室の1人だった張緑水(チャン・ノクス)。彼女は「朝鮮王朝3大悪女」の1人で、燕山君の傍若無人な振る舞いを助長した人物だ。そんな彼女の生涯を順を追って見ていこう。 …
  • 貞明公主(チョンミョンコンジュ)は最期の日々をいかに生きたか

    仁祖が即位してから13年後、1636年12月に朝鮮王朝に最大の危機が訪れた。強国の清が、10万人以上の兵力で攻め入ってきたのだ。そのとき、貞明公主はどのように行動したのか。 [caption id="attachmen…
  • 仁粋大妃(インステビ)の悲惨な最期とは?

    仁粋(インス)大妃は、もともと、7代王・世祖(セジョ)の長男・懿敬(ウィギョン)の正妻である。懿敬は世子(セジャ/王の後継者)だったので、仁粋大妃も本来なら王妃になるはずだったのだが、懿敬が19歳で夭逝したために、それは…
  • 「究極の朝鮮王朝三大悪女」は誰なのか?

    悪女にならざるをえない事情 朝鮮王朝時代では、社会の隅々まで浸透した儒教の影響で、男尊女卑の風潮がとても強かった。 女性は親の遺産の相続権がなかったし、結婚生活では夫から理不尽に離縁を強制されても受けざるをえなかった。…

特集記事

ページ上部へ戻る