カテゴリー:人物列伝

  • 宣祖(ソンジョ)/朝鮮王朝人物紀行26

    朝鮮王朝14代王・宣祖(ソンジョ)。彼が統治する時代に大きな戦いがあったが、宣祖はその戦いの最中に王として人々から怨まれる行動を取る。いったい彼は何をしたのだろうか。 庶子から王に 13代王・明宗(ミョンジョ…
  • 金介屎(キム・ゲシ)/朝鮮王朝人物紀行25

    金介屎(キム・ゲシ)は、女官でありながら強い政治力を持った女性だった。その一方で悪女としても知られている。いったい、彼女は女官としてどのような人生を歩んだのだろうか。 女官としての立場 幼くして王宮に入った金…
  • 仁宗(インジョン)/朝鮮王朝人物紀行24

    仁宗(インジョン)は、27人の王の中でもっとも親孝行した立派な人物なのだが、性格はかなりのお人好しだ。しかし、その性格を利用されて、彼は自分の命を危険にさらしてしまう。 親のために死を選ぶ覚悟 1515年、峼…
  • 世宗(セジョン)/朝鮮王朝人物紀行23

    朝鮮王朝27人の王の中で、今も尊敬を集めている4代王・世宗(セジョン)。彼は、在位中にある大きな功績を残したが、いったい何をしたのだろうか。世宗の偉大さについて語っていこう。 幼いころから聡明だった 朝鮮王朝…
  • 悪女の典型とみなされた張禧嬪(チャン・ヒビン)の激しすぎる人生!

    張禧嬪(チャン・ヒビン)が19代王・粛宗(スクチョン)の側室になったとき、正室は仁顕(イニョン)王后だった。仁顕王后に早く子供ができていれば、王妃としての立場は磐石だったと思われるが、あいにく彼女は病弱で、床に伏す日が多…
  • 太宗(テジョン)/朝鮮王朝人物紀行22

    父親である李成桂(イ・ソンゲ/初代王・太祖【テジョ】)の時代に起こった後継者をめぐる骨肉の争い。それを勝ち抜いて3代王となった太宗(テジョン)。彼は、在位中にどのような政策を行なったのか……。 王の座を勝ち取った芳遠…
  • 李成桂(イ・ソンゲ)/朝鮮王朝人物紀行21

    1392年に朝鮮王朝を建国したことで知られる李成桂(イ・ソンゲ)。もともと高麗の武将だった彼がどのようにして王となったのか。高麗の滅亡から朝鮮王朝の始まりについての過程を見ていこう。 [caption id="atta…
  • 張緑水(チャン・ノクス)/朝鮮王朝人物紀行20

    暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室の1人だった張緑水(チャン・ノクス)。彼女は「朝鮮王朝3大悪女」の1人で、燕山君の傍若無人な振る舞いを助長した人物だ。そんな彼女の生涯を順を追って見ていこう。 …
  • 鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)/朝鮮王朝人物紀行19

    朝鮮王朝518年の歴史の中で8回も王の母による代理政治である垂簾聴政が行なわれた。13代王・明宗(ミョンジョン)の母親である文定(ムンジョン)王后も、それを行なった1人だ。そんな彼女を陰で支えた人物がいる。それが、「朝鮮…
  • ファン・ジニ/朝鮮王朝人物紀行18

    韓国の国語の教科書にも詩が掲載されるほど有名な女流詩人だったファン・ジニ。ドラマではハ・ジウォンが彼女を演じていた。詳しい経歴などはわからないが、実際にはどのような人物だったのだろうか。 多くの男性から愛された…

特集記事

ページ上部へ戻る