カテゴリー:王妃

  • 張禧嬪の息子が生まれて父の粛宗はどうしたか?

    1688年10月27日、一介の女官から粛宗(スクチョン)の側室になっていた張禧嬪(チャン・ヒビン)が王子を出産した。それが、後の20代王・景宗(キョンジョン)である。粛宗にとっては、27歳になって初めての息子だった。彼の…
  • 暴君だった燕山君の母も大変な王妃だった!

    朝鮮王朝時代は一夫一婦制であり、国王もその制度をしっかり守っていた。つまり、在位中には正室が1人しかいなかった。その正室の中で、廃妃(ペビ)になった女性が何人もいる。特に、朝鮮王朝の歴史の中で一番最初に廃妃になったのが尹…
  • トンイの宿敵の張禧嬪(チャン・ヒビン)はなぜ死罪になったのか?(歴史編)

    一度は廃妃になりながら1994年に王妃に復帰した仁顕(イニョン)王后だったが、長く病に苦しみ1701年8月14日に亡くなった。その後に張禧嬪(チャン・ヒビン)が仁顕王后を呪詛(じゅそ)していたことが発覚し、粛宗(スクチョ…
  • 朝鮮王朝で最初に廃妃・死罪になった王妃は誰か(歴史編)

    9代王の成宗(ソンジョン)は政治的には名君でしたが、女性問題で王宮を騒がせたことが何度もありました。その最たることが、燕山君(ヨンサングン)の生母が廃妃(ペビ)になった事件でした。 呪術的な儀式 成宗にとって…
  • 朝鮮王朝の人格に優れた5人の王妃は誰か(歴史編)

    朝鮮王朝には42人の王妃がいたが、中でも慈愛に包まれた人格者の王妃が5人いた。その5人とは、顕徳王后(ヒョンドクワンフ)、孝懿王后(ヒョウィワンフ)、端敬王后(タンギョンワンフ)、昭憲王后(ソホンワン)、仁顕王后(イニョ…
  • 文定王后はどれほど仁宗に冷たかったのか

    12代王の仁宗(インジョン)は1545年6月28日に深刻な病状に陥った。診察した侍医は「臓腑(五臓六腑)に損傷ができ、それが病気の元になっていると思われます」と診断結果を述べた。 仁宗の病状 内臓の損傷という…
  • 仁宗が重病のときに文定王后は何かしたのか(後編)

    仁宗(インジョン)が重病に陥ったとき、継母の文定(ムンジョン)王后は、他家に嫁いだ娘の家に行きたいと言って重臣たちを混乱させた。とにかく、反対意見がとても多かった。 文定王后の狙いとは? 重臣の一人が文定王后…
  • 仁宗が重病のときに文定王后は何かしたのか(前編)

    文定(ムンジョン)王后は仁宗(インジョン)を毒殺した疑いがきわめて高い。朝鮮王朝の歴代王には「毒殺されたのではないか」という疑惑がかなりあるが、それらは噂にすぎないものも多い。しかし、仁宗の毒殺説だけは信憑(しんぴょう)…
  • 巨悪だった貞純(チョンスン)王后(歴史編)

    1762年、英祖(ヨンジョ)は息子の思悼(サド)世子を米びつに閉じ込めて餓死させた。なぜ、親子の確執が生まれたのか。当時、王宮の中でも派閥争いが激化していた。その中で、思悼世子を陥れるために彼の行状を英祖に悪く報告してい…
  • 『七日の王妃』の端敬王后!王妃に戻れなかったのはなぜ?(歴史編)

    『七日の王妃』の主役となっているのは端敬(タンギョン)王后だ。彼女は廃妃(ペビ)になってしまったのだが、その後に復位させるという話もあった。しかし、それがなぜ実現しなかったのか。 廃妃の理由 『七日の王妃』は…

特集記事

ページ上部へ戻る