光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

1623年3月12日の明け方、仁祖(インジョ)に統率された1000人あまりのクーデター軍が王宮を襲い、光海君は王の座から追放された。そのとき、クーデター軍は光海君の罪状を4つ掲げた。それが、反乱を起こした大義名分になったのだ。

王宮の再建は必要だった

クーデター軍が大義名分として挙げた4項目とは何か。以下の通りである。
1.多くの土木工事を行なって民衆の負担を大きくした
2.兄弟たちを殺した
3.中国大陸の明に対して背信行為をして、後金と密通した
4.仁穆王后を幽閉した



この4項目について検証してみよう。
1の土木工事について。
朝鮮半島は豊臣軍との戦い(1592年から1598年まで)で国土が荒廃しており、その復興をなしとげる必要があった。
光海君が即位した頃は王ですら満足に住む王宮がなく、彼が王宮の再建を急いだのも当然だった。
なお、クーデター軍は光海君が民衆の負担を増やしたことをやり玉に挙げたが、むしろ光海君は大同法によって納税制度を改善し、土地を持たない人たちの税負担を軽くしようとしていた。民衆に過剰な負担を強いたとは決して言えないのだ。
次に2について。
王位継承をめぐって光海君が兄の臨海君(イメグン)と弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺したのは事実だが、朝鮮王朝の中ではそういう事件は過去にも多かった。たとえば、3代王・太宗(テジョン)と7代王・世祖(セジョ)も王位を争って兄弟を何人も殺している。
それでも、太宗と世祖はなんら罪に問われていない。光海君だけを問題視するのは果たしてどうなのか。




続いて3について。
明に対する背信行為という言い方は事実と違う。むしろ、光海君は巧みな外交術で朝鮮王朝の危機を回避させたとも言える。
当時、中国大陸では明から後金(後の清)に勢力が移り変わっていた。確かに、豊臣軍に攻められたときに明は援軍を派遣してくれたが、時代は移り変わっており、明に肩入れすると後金に攻められるのは必然だった。
光海君は外交上の最善策として、明と後金のどちらが覇者になっても朝鮮王朝が生き残れるようにふるまったのだ。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

南海の孤島に流された光海君(クァンヘグン)の屈辱!

仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る