貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

仁祖(インジョ)はクーデターを起こして光海君(クァンヘグン)を追放したが、ときの王を廃位する大義名分に欠けていた。それをもたらしてくれたのが仁穆(インモク)王后だった。その仁穆王后の娘が貞明(チョンミョン)公主だ。

陰湿だった仁祖

王になった当初は、仁祖も貞明公主を優遇した。
広い土地を与えたし、結婚も支援した。
そんな仁祖が態度を急に変えたのは、貞明公主の母の仁穆王后が亡くなってからだ。
実は、仁祖はクーデターに大義名分を与えてくれた仁穆王后に恩義があり、それで娘の貞明公主に特別な待遇を与えていたのだ。




しかし、仁穆王后が1632年に世を去ると、仁祖は「すでに恩義を十分に返した」とばかりに、貞明公主を冷遇するようになった。
その契機になったことは、仁祖が高熱と下痢・腹痛に悩まされてからだった。
病に苦しんだ仁祖は「誰かが呪詛(じゅそ)をしている」と疑うようになった。つまり、呪いをかけられているというわけだ。
やがて、仁祖は呪詛を仕掛けているのが貞明公主だと見なした。「貞明公主が仁祖の統治能力に懐疑的」という噂が広まっていたからだ。
そんなときに、仁祖の寝殿のそばから呪いの物(人骨や小動物の遺骸など)が見つかった。恐怖におののいた仁祖は、見境もなく貞明公主を処罰しようとした。
しかし、大反対した高官がいた。それが、張維(チャン・ユ)だった。
張維は、仁祖の二男の鳳林(ポンニム/後の17代王・孝宗〔ヒョジョン〕)の岳父である。
しかも、仁祖がクーデターを成功させたときの功労者だった。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

昭顕(ソヒョン)世子はなぜ急死したのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る