注目の記事 PICK UP!

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

11代王・中宗(チュンジョン)の治世は38年の長きに及んだが、晩年は病に苦しむようになった。そんな中宗を支えたのは、世子(後の12代王・仁宗〔インジョン〕)だった。世子は中宗の2番目の正室・章敬(チャンギョン)王后が産んだ長男。病弱だった章敬王后は世子を産んで6日後に亡くなり、中宗の3番目の正室となる文定(ムンジョン)王后が世子の継母になった。

王の後継者は長男

文定王后は継子の世子をうとましく思っていた。
決定的な出来事が起きる。1934年、文定王后が慶源(キョンウォン)大君を産んだのだ。しかし、朝鮮王朝では、「王の後継者は長男」が原則。慶源大君が王位に就ける可能性は低かった。
さらに、世子は幼い頃から聡明で礼節を尊ぶ性格。多くの人望を得ていたので失脚させることも難しかった。
だが、文定王后は世子の命を狙い始めた。
こんな逸話がある。
ある日、世子が妻と宮殿で休んでいると、周囲で異様な熱気を感じた。起きあがってみると、宮殿が火事になっていた。
世子は落ちついて妻に逃げるように促すと、腰を落とした。
「この火事は継母の仕業だろう。親に死を望まれているなら、この場で死ぬことがせめてもの親孝行」
世子の「孝」は度が過ぎていた。
死を覚悟した世子だったが、外から必死に彼を呼ぶ声が聞こえた。それは、世子を思う中宗の叫びだった。世子はその声を聞くと、燃え盛る屋敷から逃げ出したという。
1544年、病状の悪化した中宗は56歳で崩御。世子の悲しみは深く、12代王・仁宗(インジョン)として即位しても、体調がずっと悪かった。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

  1. 〔仁粋(インス)大妃の命を縮めたのが孫の燕山君(ヨンサングン)だった〕

  2. 『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

  3. 文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

  4. 〔息子・粛宗(スクチョン)の身代わりとなった明聖(ミョンソン)王后!〕

  5. 朝鮮王朝の歴代王妃が一目でわかる一覧表

  6. 張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

気になる国王

王妃の実像

アクセスランキング

PAGE TOP