〔昭顕(ソヒョン)世子はなぜ急死したのか〕

屈辱を受けた王

朝鮮王朝の歴代王の中には、毒殺されたのではないかと推定されている王が何人もいる。その一方で、毒殺に関わったのではないかと疑われている王もいる。それが、16代王の仁祖(インジョ)である。
1623年、仁祖は15代王・光海君(クァンヘグン)を王宮から追放して王位に就いた。クーデターを成功させた豪胆な男であったはずなのに、王になってからは凡庸さが目立った。
出来のよい王とは言えなかったのである。
外交でも失敗して、清の大軍に攻められた。1637年には、都を流れる漢江のほとりで、清の皇帝の前にひざまずいて謝罪している。これほどの屈辱を受けた王は、朝鮮王朝では他にいなかったのではないだろうか。
謝罪だけでは済まされず、莫大な賠償金を課せられ、3人の息子たちは人質にとられた。清の首都の瀋陽に連れて行かれたのだ。その1人が長男の昭顕(ソヒョン)世子で、妻の姜(カン)氏も一緒であった。
清は面倒見が悪く、「勝手にここで暮らしていけ」という態度だったが、昭顕世子と姜氏は才覚があり、朝鮮人参の商いを成功させた。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る