貞純王后(チョンスンワンフ)/朝鮮王朝人物紀行16

貞純(チョンスン)王后は、朝鮮王朝21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室となった女性だ。政治を思い通りに動かした彼女は、どのような人生を歩んだのだろうか。





14歳の王妃

英祖の最初の正室は貞聖(チョンソン)王后であったが、彼女は英祖の息子を産むことができず、彼が側室に子供を産ませていくのを見ながら1757年に亡くなった。
貞聖王后が世を去った2年後に正室として迎えられたのが貞純王后である。彼女の実家は名門の一族だったが、生活に困っていた父によって揀擇(カンテク)と呼ばれる「王妃を決める行事」に参加させられた。とても聡明だった貞純王后は、他の候補者よりも優れた才覚を発揮して、見事に英祖の妻となったのだ。
彼女の年齢は14歳で、英祖は65歳だった。あまりにも、王と歳の離れた王妃となった貞純王后は、こう考えていたに違いない。
「王が亡くなった後に、王宮に残る自分の立場をいかに有利にするか」
その際に、王族の人間関係を見た彼女が危険因子だと判断したのが、英祖と側室の映嬪(ヨンビン)・李(イ)氏の間に生まれた荘献(チャンホン)だった。
貞純王后の父親は、官僚たちの主流派閥だった老論派(ノロンパ)の一員。その老論派から批判を受けていた荘献は、王である英祖と不仲だった。貞純王后は、その状況を見逃さず、荘献を排斥するために動いた。




彼女の役割は、荘献の素行を歪めて英祖に報告することだ。王妃になってからまだ日の浅かった貞純王后だが、彼女の報告を聞いた英祖は息子への不信感を募らせた。結局、荘献は1762年に米びつに閉じ込められて餓死してしまう。
(ページ2に続く)

正祖(チョンジョ)の最大の政敵が貞純(チョンスン)王后だった!

正祖(チョンジョ)は貞純(チョンスン)王后を処罰しなかった/朝鮮王朝歴史全集15

正祖(チョンジョ)の改革をつぶした貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝歴史全集16

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝人物紀行15

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?



ページ:

1

2 3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る