カテゴリー:王妃たちの朝鮮王朝

  • 「王妃たちの朝鮮王朝6」

    勢道政治が横行 英祖は、後になって思悼世子を餓死させたことをとても後悔した。せめてもの罪滅ぼしとして、思悼世子の息子の英才教育に力を入れた。それが22代王となった正祖(チョンジョ)である。 彼の正妻は、孝懿(ヒョイ)王…
  • 「王妃たちの朝鮮王朝5」

    王妃となった張禧嬪 明聖(ミョンソン)王后の息子が19代王・粛宗(スクチョン)だった。ただし、明聖王后は、粛宗が正室の仁顕(イニョン)王后がいるにもかかわらず、側室の張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛することが不満だった。…
  • 「王妃たちの朝鮮王朝4」

    1623年のクーデター 明宗(ミョンジョン)の後を継いだ14代王・宣祖(ソンジョ)には、懿仁(ウィイン)王后という正妻がいたが、子供がいないまま1600年に45歳で亡くなった。その2年後に宣祖が迎えた継妃が仁穆(インモ…
  • 「王妃たちの朝鮮王朝3」

    暴君の悪政 成人した成宗は数々の政治的業績を残したが、問題を起こしたのが二番目の正妻となった斉献(チェホン)王后だった。彼女は後宮を追い落とす策略を露骨にやりすぎて、成宗の信頼を失った。さらに、成宗の顔をひっかいて傷を…
  • 「王妃たちの朝鮮王朝2」

    孤立した幼い王 世宗(セジョン)の長男が5代王・文宗(ムンジョン)として即位したが、病弱によって2年で亡くなり、その息子がわずか11歳で6代王・端宗(タンジョン)となった。 端宗の母は文宗の正妻だった顕徳(ヒョンドク)…
  • 「王妃たちの朝鮮王朝1」

    10歳の世子 李成桂(イ・ソンゲ)は1392年に朝鮮王朝を開いて、初代王・太祖(テジョ)となった。 太祖の最初の妻は、神懿(シヌィ)王后で、夫婦には息子が6人いた。上から芳雨(バンウ)、芳果(バングァ)、芳毅(バンイ)…
ページ上部へ戻る