「王妃たちの朝鮮王朝3」

暴君の悪政

成人した成宗は数々の政治的業績を残したが、問題を起こしたのが二番目の正妻となった斉献(チェホン)王后だった。彼女は後宮を追い落とす策略を露骨にやりすぎて、成宗の信頼を失った。さらに、成宗の顔をひっかいて傷を負わせるという騒動を起こし、1479年に廃妃となってしまった。朝鮮王朝の王妃で廃妃となったのは斉献王后が最初だった。
さらに斉献王后は、彼女を嫌う仁粋(インス)大妃(成宗の母)の意向もあって死罪となってしまった。このことが後に大きな悲劇を生む下地になった。なぜなら、成宗と斉献王后との間に生まれた息子が1494年に10代王・燕山君(ヨンサングン)として即位したからだ。
燕山君は実母の死に関係した人たちをことごとく惨殺した。すでに死んでいる人の場合は墓をあばいて首をはねた。しかも、祖母であった仁粋大妃にも暴力をふるった。それがもとで彼女は1504年に67歳で亡くなった。
燕山君は政治を省(かえり)みず、側室の張緑水(チャン・ノクス)と一緒に酒池肉林を繰り返し、王朝の財政を悪化させた。庶民の怒りは頂点に達し、燕山君はクーデターで1506年に王位を追われ、張緑水は斬首された。結局、燕山君は江華島(カンファド)に流刑となり、まもなく30歳で死去した。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る