思悼世子(サドセジャ)/朝鮮王朝人物紀行8

朝鮮王朝21代王・英祖(ヨンジョ)の息子として生まれた荘献(チャンホン)。彼は世子(セジャ=王の後継者)の立場でありながら、父親の英祖によって餓死させられてしまう。悲劇的な最期を迎える世子の謎に迫る。





2大政党による終わることなき党争

19代王・粛宗(スクチョン)は正室から男子が産まれなかったため、側室だった張禧嬪(チャン・ヒビン)から産まれた子を次の王に指名した。しかし、張禧嬪は後に罪を犯して死罪となってしまう。こうなると、臣下の中から張禧嬪の子を王にすることに反対する者が多く出た。彼らが次の王に擁立したのが、別の側室である淑嬪崔氏(スクビン・チェシ)から生まれた子だった。
こうして、宮中では張禧嬪の子を王に推薦する少論派(ソロンパ)と、淑嬪崔氏の子を擁立する老論派(ノロンパ)にわかれて真っ向から対立する。
それは、粛宗が亡くなり、張禧嬪の子が20代王・景宗(キョンジョン)として即位しても変わらなかった。
そんな状況が一変したのが1724年である。なんと、景宗が在位4年で亡くなり、淑嬪崔氏の子が21代王・英祖として即位したのだ。




宮中では少論派が権力を牛耳ると思われたが、英祖は両派閥から平等に人材を登用する政策を前面に押し出した。しかし、両派閥の溝は想像以上に深く、その影響は英祖と彼の息子の運命を狂わせる……。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇1「老論派の陰謀」

思悼世子(サドセジャ)はなぜ妻と不仲だったのか?

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲惨な親子関係/朝鮮王朝歴史全集14

世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物紀行7

仁祖(インジョ)/朝鮮王朝人物紀行9



ページ:

1

2 3 4

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る