世子(セジャ)はどのように教育されたのか

朝鮮王朝では、国王の正式な後継者のことを世子(セジャ)と呼びました。筆頭候補は王の長男ですが、健康面や能力を見て二男以下が選ばれることもありました。その最終決定者は現役の王であり、王は春の吉日を選んで世継ぎを決めました。

10歳頃に結婚した

世子は未来の王ですから、宮廷内でも尊重されます。七章服(七つの紋様が刺繍されている世子の正服)を着て、自分の官僚と護衛兵を率いることができました。
世子は春夏秋冬の最初の季節がふさわしい存在と見なされ、「春宮(チュングン)」とも呼ばれました。
また、春は方角的に東にあたるので「東宮(トングン)」とも称されました。実際、王宮内では東側に世子の住まいがありました。
世子を補佐する官僚たちは「東宮官」と呼ばれましたが、みんな科挙に合格した高等官僚です。
特に、家門がいい人たちが選ばれています。
こうした優秀な高等官僚が、世子に対して国政の課題をきちんと教え、いつ王になってもすぐに最高の指導者になれるように補佐しました。
また、世子になると、早いうちに結婚をするのが通例でした。庶民の場合は、10代後半に結婚する例が多かったのですが、世子は庶民よりも婚礼を早く行ないました。世子に指名されること自体が大人になったという証ですし、早く自分の後継者を誕生させることが求められました。
そういう理由から、世子は10歳頃に結婚しています。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

関連記事

ページ上部へ戻る