タグ:文定王后

  • 文定王后は人生の中でどんな悪事を働いたか

    文定(ムンジョン)王后は、息子を王にするという野望を叶えるために様々な悪事を働いた悪女である。13代王・明宗(ミョンジョン)の母親である彼女は、存命中にいったい何をしたのだろうか。 文定王后の野望 文定王后は…
  • 文定王后と鄭蘭貞の悪行を暴く!

    朝鮮王朝時代に王宮で起こった奇怪な事件として有名な「灼鼠(しゃくそ)の変」。この事件は韓国時代劇でも何度か取り上げられたが、どの作品でも文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が共謀して起こしたという筋書きに…
  • 極ワルの文定(ムンジョン)王后

    11代王・中宗(チュンジョン)には3人の妻がいた。最初の妻は父が燕山君(ヨンサングン)の側近だったために離縁させられた端敬(タンギョン)王后。2人目の妻は12代王・仁宗(インジョン)を産んですぐに亡くなった章敬(チャンギ…
  • 鬼のような文定王后

    [文宗(ムンジョン)王后の人物データ] 文定王后の生没年/1501~1565年 文定王后が王妃になった年/1517年 文定王后の夫/11代王・中宗(チュンジョン) 文定王后の息子/13代王・明宗(ミョンジョン) [ca…
  • 文定王后はどれほど仁宗に冷たかったのか

    12代王の仁宗(インジョン)は1545年6月28日に深刻な病状に陥った。診察した侍医は「臓腑(五臓六腑)に損傷ができ、それが病気の元になっていると思われます」と診断結果を述べた。 仁宗の病状 内臓の損傷という…
  • 仁宗が重病のときに文定王后は何かしたのか(後編)

    仁宗(インジョン)が重病に陥ったとき、継母の文定(ムンジョン)王后は、他家に嫁いだ娘の家に行きたいと言って重臣たちを混乱させた。とにかく、反対意見がとても多かった。 文定王后の狙いとは? 重臣の一人が文定王后…
  • 仁宗が重病のときに文定王后は何かしたのか(前編)

    文定(ムンジョン)王后は仁宗(インジョン)を毒殺した疑いがきわめて高い。朝鮮王朝の歴代王には「毒殺されたのではないか」という疑惑がかなりあるが、それらは噂にすぎないものも多い。しかし、仁宗の毒殺説だけは信憑(しんぴょう)…
  • 文定王后(ムンジョンワンフ)は本当に国王を毒殺したのか(歴史検証編)

    11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后。彼女は自分が産んだ慶源大君(キョンウォンデグン)を王にするために、手段を選ばぬ悪行を重ねていた。特に、中宗の二番目の正室が産んだ12代王・仁宗(イ…
  • 母の文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)を殺したも同然だった!

    朝鮮王朝の13代王だった明宗(ミョンジョン)は、中宗(チュンジョン)と文定(ムンジョン)王后の息子として1534年に生まれた。彼は中宗の二男であったが、母の文定王后は我が子を王にするために悪行のかぎりを尽くした。 …
  • 文定(ムンジョン)王后が継母だったことが仁宗(インジョン)の悲劇!

    朝鮮王朝は儒教を国教にしていたが、儒教の最高の徳目と言われたのが「仁」である。この漢字を諡(おくりな/死後の尊号)につけているのが12代王の仁宗(インジョン)だ。「彼ほど親孝行な王族はいない」と言われたほどの人物であった…

特集記事

ページ上部へ戻る