タグ:正祖

  • 正祖を悩ませた恵慶宮と貞純王后!

    ドラマ『イ・サン』の主人公は22代王の正祖(チョンジョ)である。彼を取り巻く2人の女性に注目してみよう。1人は母の恵慶宮(ヘギョングン)であり、もう1人は形の上で祖母となる貞純(チョンスン)王后だ。 母は世子…
  • 正祖の命を狙った暗殺団が王宮に侵入した!

    1777年7月28日の深夜、即位して2年目の正祖(チョンジョ)は王宮で本を読んでいた。突然、王宮の回廊の上から、瓦を踏む足音が聞こえてきた。正祖は耳をすませた。どう考えても、人間の足音にしか聞こえなかった。 …
  • 世宗と正祖の実例!朝鮮王朝の王の食膳とは?

    朝鮮王朝の王の食膳には、超豪華な料理がズラリと並ぶのが通例だった。「食べきれないのに、なぜあんなに多くの品数を出すのだろうか」と疑問に思えるが、あれは食べるための料理ではなかったのである。それでは何のためなのか? …
  • イ・サンは本当に毒殺されたのか

    朝鮮王朝の22代王・正祖(チョンジョ)は、ハングルを創製した聖君・世宗(セジョン)と並ぶほどの名君と評価されている。何よりも、頭脳明晰で学者顔負けの博識だった。彼はドラマ『イ・サン』の主人公としてもよく知られている。 …
  • 王朝を揺るがせた大事件16「正祖暗殺未遂事件」

    ドラマ『イ・サン』では、即位式当日に暗殺団が正祖(チョンジョ)の命を狙うシーンが描かれる。それは史実と違うのだが、正祖の暗殺未遂事件は後に実際に起こっている。まさに、王宮の中でドラマのような緊急事態が発生していたのだ。 …
  • 王朝を揺るがせた大事件15「老論派を厳しく処罰した正祖」

    21代王・英祖(ヨンジョ)が歴代王最高齢の82歳で崩御すると、孫のイ・サンが22代王・正祖(チョンジョ)として即位した。その即位は、父の思悼世子(サドセジャ)を死に追いやった政敵の老論派(ノロンパ)との闘いの始まりを意味…
  • イ・サン(正祖)が即位直後に一番やりたかったことは?

    1776年、24歳で正祖(チョンジョ/ドラマ「イ・サン」の主人公)は王になった。即位後の第一声は「嗚呼!寡人は思悼世子の子なり」という言葉だった。この「寡人(クァイン)」というのは、王が自分のことをいうときの表現だ。 …
  • 決定版!イ・サン(正祖)はこんな人だったのか

    傑作時代劇『イ・サン』の主人公になった22代王の正祖(チョンジョ)は、1752年に生まれた。父は思悼世子(サドセジャ)で母は恵慶宮(ヘギョングン)であった。史実の正祖はどんな人生を歩んだのだろうか。 朝鮮王朝…
  • 正祖は即位直後に何ができて何ができなかったのか/康熙奉の王朝快談13

    時代劇『イ・サン』の主人公になったのが22代王の正祖(チョンジョ)だった。朝鮮王朝の正式な歴史書である「朝鮮王朝実録」を読むと、小さい頃から大変な苦労をしていることがよくわかる。 7歳しか違わない祖母 176…
  • イ・サン毒殺説の証拠の書状が200年後の現代に発見された!(歴史編)

    ドラマ『イ・サン』の主人公は22代王の正祖(チョンジョ)である。史実で正祖は1800年に急死したのだが、韓国では「毒殺された」という説が有名だ。ドラマ『イ・サン』では毒殺の件はまったく触れられていなかったのだが……。 …

特集記事

ページ上部へ戻る