おどろき朝鮮王朝8「仁祖(インジョ)の屈辱」

光海君を追放して、16代王・仁祖(インジョ)となった綾陽君(ヌンヤングン)。彼は王として大きな屈辱を受けることになってしまう。いったいなにがあったのだろうか。





王としての苦労

王になる前の綾陽君は、クーデターを成功させるほど卓越した戦略性と優れた統率力を見せた。しかし、仁祖として即位した後は、凡庸さばかりが目立つようになった。
即位した翌年の1624年に、功臣の李适(イ・グァル)が反乱を起こしたが、彼のことを信頼していた仁祖は、裏切り行為をいっさい信じなかった。しかし、李适が実際に都に向かって進軍すると、仁祖は慌てて逃げ出した。その行動を見る限り、李适のことを本当に信頼していたとは思えない。
1627年には、国防をおろそかにしていたことで、北方の異民族である後金の侵攻を許してしまう。仁祖は江華島(カンファド)に避難するが、武力で勝ち目がないことを知ると、後金の怒りを鎮めるために講和会議を行なった。朝鮮王朝は中国の明を崇めていたが、その講和会議で後金を支持することと、明に肩入れしないことを約束させられた。
仁祖はその約束を守らなかった。相変わらず明の意向に沿った行動を取っていることに怒った後金は、1636年に国号を清に変えて12万の大軍を率いて再び朝鮮半島に侵攻した。
仁祖は前回同様に江華島に避難しようとしたが、すでに途中の道は押さえられていて、漢江(ハンガン)の南側にある南漢山城(ナマンサンソン)に1万3千人の兵と籠城した。しかし、軍事力があまりにも違い過ぎた。




結果として、清の軍勢によって繰り返された略奪と放火の影響で、国家は存亡の危機を迎えた。それにより仁祖は降伏し、三田渡(サムジョンド/現在のソウル近郊)で清の皇帝に謝罪をしている。その方法は、3回ひざまずいて9回頭を地面にこすり付けるもので、かなり屈辱的なものだった。
(ページ2に続く)

おどろき朝鮮王朝1「太祖(テジョ)の乱心」

おどろき朝鮮王朝2「太宗(テジョン)の剛腕」

おどろき朝鮮王朝3「文宗(ムンジョン)の不覚」

おどろき朝鮮王朝6「燕山君(ヨンサングン)の悪行」

おどろき朝鮮王朝7「光海君(クァンヘグン)の没落」

おどろき朝鮮王朝9「明聖(ミョンソン)王后」




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る