おどろき朝鮮王朝3「文宗(ムンジョン)の不覚」

名君として名高い4代王・世宗(セジョン)の長男として生まれた文宗(ムンジョン)。世宗が即位して3年後の1421年に7歳で世子として指名された。それから世宗が亡くなるまでの29年間、文宗は世子として過ごしたのだが、世宗統治時代の最後の8年間は文宗が世宗の政治を補佐している。世宗が極度に体調を悪化させたからである。





「早く次の後継者を!」

世宗の政治を補佐していたときに文宗が証明したのが、統治能力の高さである。父に似て学問を好んだ文宗は大変な勉強家であり頭脳明晰だった。
そんな文宗は、幼い頃から世宗が重用した学者たちとも親しく過ごした。さらに、温和で柔軟な性格によって人望も厚かった。しかし、生来の病弱な体質は克服することができなかった。
そのことは父である世宗も理解していた。後を任せる世子が長生きすることは無理だろうと感じた彼は、早い段階から次の後継者を作るように勧めた。
これは文宗が病弱なのを見越して、彼の兄弟たちが自身の権力を強化していたことにも原因があった。
世宗は、文宗の後に、二男・首陽大君(スヤンデグン)と三男・安平大君(アンピョンデグン)による王位継承争いが激化することを危惧していた。
「頼りの世子は病弱で長くないだろう。このまま世孫が生まれなければ王位をめぐって乱れてしまう……」
こう考えた世宗は文宗の結婚を急がせた。
文宗は13歳で初めての妻をめとることになった。相手は名家出身の美女で文宗より4つ歳が上だった金氏(キムシ)である。
しかし、父の心配を理解していたとはいえ、まだ幼かった文宗は女性に興味を持つことができず、金氏との結婚生活はうまくいかなった。




ところが、世子に嫁いだ女性にとっては、息子を産むことは将来的に王の母になることを意味する。金氏は世子に嫁ぐことで一族の命運までも背負っていたのだ。
強い使命感による焦りは、金氏から余裕を奪っていき、宮中で蛇やコウモリを干して粉末にしたものを密かに作ってばかりいた。これは、今でいえばフェロモンを出しそうな秘薬だった。しかし、噂が噂を呼び、金氏は魔女のように言われるようになった。
金氏としては、子を授かるためのまじないのつもりだったのだが、こうした怪しい行動はすぐさま世宗に報告された。顔をしかめた世宗は、ついに金氏を離縁して王宮から出してしまった。
王の子を産めなかったばかりか、実家に帰されてしまった金氏。彼女の父は一族の不名誉だと激怒して、なんと娘の命を奪ってから自決した。いわば心中なのだが、あまりに不幸な結末となった。
最初の妻を世宗が追い出してしまったので、文宗は次に奉氏(ポンシ)と再婚した。ただ、この女性にも文宗は関心を示さなかった。




寂しくて仕方がなかった奉氏は、なんとか文宗の気を引こうとして積極的に誘いをかけるのだが、むなしく失敗に終わるだけだった。
(ページ2に続く)

おどろき朝鮮王朝1「太祖(テジョ)の乱心」

おどろき朝鮮王朝2「太宗(テジョン)の剛腕」

おどろき朝鮮王朝4「世祖(セジョ)の非道」

おどろき朝鮮王朝5「仁粋(インス)大妃の脅迫」

おどろき朝鮮王朝6「燕山君(ヨンサングン)の悪行」

おどろき朝鮮王朝7「光海君(クァンヘグン)の没落」




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る