おどろき朝鮮王朝5「仁粋(インス)大妃の脅迫」

ドラマ『宮廷女官 チャングムを誓い』の第1回冒頭で、かつての王妃が毒をあおいで死ぬ場面がある。とても印象深いシーンだったが、このときの元王妃が廃妃・尹(ユン)氏である。彼女は、9代王・成宗(ソンジョン)の正室だった。とはいっても、側室から繰り上がったという経緯があった。





姑と嫁の仲は最悪

成宗の最初の正室がわずか18歳で早世したので、成宗は側室の中で一番気に入っていた尹氏を2人目の妻にした。
しかし、成宗の母であった仁粋(インス)大妃は、尹氏のことを「育ちが悪いし、野心的すぎる」という理由で極端に嫌っていた。
さらに、仁粋大妃が尹氏を憎んでいたのは、成宗の最初の正室が早世したことが尹氏のせいだと思い込んでいたからだ。
実は、最初の正室を仁粋大妃はとても可愛がっていたのだが、成宗がその正室のもとに通わず尹氏だけを寵愛していた。それが原因で正室は精神を病んでしまった。
「あの女が殺したも同然だ」
そう思い込んでいた仁粋大妃は、ますます尹氏を嫌った。
姑と嫁の仲は最悪になってしまった。
仁粋大妃は、朝鮮王朝で初めて絶大な権力を握ったやり手の女性である。頭脳明晰で学問に優れていた彼女は、王宮女性の理想的な生き方を記した「内訓」という書物まで書いている。
この「内訓」はその後の王宮女性のバイブルともなった。これほどの姑を敵にしてしまったのだから、尹氏も立場が危うかった。




一方、成宗は尹氏を妻にすると、彼女のところにあまり出向かなくなり、もっぱら側室の間をまわった。このことに嫉妬した尹氏は、巫女(みこ)を使って側室を呪い殺そうとたくらんだ。彼女は、とても嫉妬深い女性だったのである。
そのことが発覚し、成宗は尹氏を遠ざけることになった。
それでも、しばらく時間が経つと尹氏のことが気になり、成宗は久しぶりに尹氏のもとを訪ねた。
尹氏としては成宗との仲を回復する好機だったのに、なにを勘違いしたのか、尹氏は成宗の顔に引っかき傷を作ってしまい、それが大問題に発展した。
これほど不敬の罪はないわけで、激怒した仁粋大妃は尹氏を王宮から追い出してしまった。これによって、朝鮮王朝で初めて王妃が廃妃になるという事態になった。
さすがに尹氏は反省し、実家で質素に暮らしていた。
数年が経ち、成宗の心にも変化が生まれた。
「大いに反省しているようであれば王宮に戻してあげよう」
そう思った成宗は、尹氏の生活ぶりを確認するために使者を送った。
(ページ2に続く)

おどろき朝鮮王朝1「太祖(テジョ)の乱心」

おどろき朝鮮王朝2「太宗(テジョン)の剛腕」

おどろき朝鮮王朝3「文宗(ムンジョン)の不覚」

おどろき朝鮮王朝4「世祖(セジョ)の非道」

おどろき朝鮮王朝6「燕山君(ヨンサングン)の悪行」

おどろき朝鮮王朝7「光海君(クァンヘグン)の没落」




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る