おどろき朝鮮王朝4「世祖(セジョ)の非道」

朝鮮王朝6代王・端宗(タンジョン)は、叔父である首陽大君(スヤンデグン/7代王・世祖〔セジョ〕)によって王の座を奪われている。首陽大君は、いったいなぜそのようなことをしたのだろうか。

『王女の男』ではキム・ヨンチョルが世祖を演じた




秘められた野心

1452年、5代王・文宗(ムンジョン)が世を去ったことで、彼の長男である端宗が11歳で6代王となった。しかし、その直後から不穏な動きを見せる人物がいた。それが、端宗の叔父にあたる首陽大君である。
大変な野心家だった彼は、幼い王の端宗を補佐する皇甫仁(ファンボ・イン)と金宗瑞(キム・ジョンソ)が、王の補佐を理由に政治権力を独占していることで王権が弱体化していると思い、敵意を抱いていた。
決起をしようと考えていた首陽大君は、自分の同志となる高官たちを自邸に集めて激しく議論を重ねた。しかし、いざとなると優柔不断な者も多く、何かと理由をつけて逃げ腰になる者もいた。その雰囲気によって一度は首陽大君の決意が揺らだが、最終的に決心した彼は、2人の従者を連れて金宗瑞の屋敷に向かった。
陽が沈むかけたころ、2人の従者を連れて金宗瑞の屋敷にやってきた首陽大君は、門のところで数人の男たちと話していた息子の金承珪(キム・スンギュ)に「父上にお会いしたい」と言った。
しばらくすると、屋敷の中から金宗瑞が出てきた。首陽大君は金宗瑞から中に入るように言われるが、多くの武士に待ち伏せされていることを警戒して中に入ろうとしなかった。




いつまでも屋敷の中に入ろうとしない首陽大君の様子を見た金宗瑞は、自ら彼に近づいていった。首陽大君は「これを読んでほしい」と言って書状を取り出した。それを受け取った金宗瑞は、辺りが暗かったので月明りに照らして読もうとした。その隙を見逃さなかった首陽大君が合図を送ると、一緒に来ていた従者の1人が、金宗瑞めがけて鉄槌を振り下ろした。不意打ちを受けた金宗瑞はその場に倒れ込む。そこへ戻ってきた金承珪が父親を守るように覆いかぶさった。しかし、そんなこと関係ないというような感じで、もう1人の従者が刀で2人を切りつけた。
(ページ2に続く)

おどろき朝鮮王朝1「太祖(テジョ)の乱心」

おどろき朝鮮王朝2「太宗(テジョン)の剛腕」

おどろき朝鮮王朝3「文宗(ムンジョン)の不覚」

おどろき朝鮮王朝5「仁粋(インス)大妃の脅迫」

おどろき朝鮮王朝6「燕山君(ヨンサングン)の悪行」

おどろき朝鮮王朝7「光海君(クァンヘグン)の没落」




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る