タグ:張緑水

  • 燕山君の側室だった張緑水の最期は?

    朝鮮王朝三大悪女の一人に数えられる張緑水(チャン・ノクス)。彼女は韓国時代劇にもよく登場しているが、その人生はどのようなものだったのだろうか。燕山君の側室になっていく過程とその後を追ってみよう。 成り上がった…
  • 悪夢の張緑水(チャン・ノクス)

    張緑水(チャン・ノクス)は、両班(ヤンバン)の父と妾の間に生まれた。妾の娘だった彼女は、生まれながらにして奴婢(ぬひ/最下層の身分)だった。彼女は成り上がるために奴生(キセン)になった。 歌と踊りに才能があっ…
  • 朝鮮王朝三大悪女はどんな手段を使って地位を得たのか

    朝鮮王朝でも特に有名な三大悪女といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人だ。彼女たちはどんな手段を使って高い地位を得ていったのだろうか。 国家の富を私物化…
  • 憎まれすぎた悪女の張緑水

    朝鮮王朝で悪女と呼ばれた女性は何人もいるが、それぞれに悪女にならざるをえない事情を抱えていた。しかし、張緑水(チャン・ノクス)は別だ。彼女は王の側室になり、強欲なまま悪事に手を染めていった。 [caption id="…
  • 張緑水は「悪女の中の悪女」/康熙奉の王朝快談16

    「朝鮮王朝実録」は、朝鮮王朝の正式な記録だ。王が亡くなったあとで特別な編集委員会が設けられて、王に関する日記や公式会議を基に、何年もかかって作成された。基本方針として内容の客観性が重視された。しかし、実際には意図的な記述…
  • 朝鮮王朝3大悪女よりワルだった女性は誰か/康熙奉の王朝快談1

    一般的に“朝鮮王朝3大悪女”と言われているのは、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人である。順に見ていくと、張緑水は10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室として暴君に悪行…
  • 中宗が即位した後の燕山君と張緑水はどうなったか?

    11代王・中宗(チュンジョン)が即位したのは1506年だ。異母兄の燕山君(ヨンサングン)を王宮から追放した結果だった。しかし、即位式では正式な冠服を着られなかった。あまりに急で準備が間に合わなかったのだ。それほど中宗の即…
  • 朝鮮王朝三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)の哀れな最期とは?(歴史人物編)

    韓国時代劇によく取り上げられる「朝鮮王朝三大悪女」と言えば、それは張緑水(チャン・ノクス)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだ。極端な形で歴史に名を残した彼女たちだが、その最期はとても惨めなも…
  • 朝鮮王朝三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)の哀れな最期とは?

    韓国時代劇によく取り上げられる「朝鮮王朝三大悪女」と言えば、それは張緑水(チャン・ノクス)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだ。極端な形で歴史に名を残した彼女たちだが、その最期はとても惨めなも…
  • 暴君をそそのかした悪女・張緑水(チャン・ノクス)!

    暴君と呼ばれた10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室の1人だった張緑水(チャン・ノクス)。彼女は「朝鮮王朝3大悪女」の1人で、燕山君の傍若無人な振る舞いを助長した人物だ。そんな彼女の生涯を順を追って見ていこう。 …

特集記事

ページ上部へ戻る