イ・サンは大改革を予告した翌月に反対派に毒殺されたのか?

毒殺説の根拠

今まさに、部屋の中には正祖と貞純王后しかいなかった。
しばらくすると、部屋の中から慟哭(どうこく)する声が聞こえた。部屋の外で待機していた高官たちが駆けつけてみると、正祖は息絶えていた。
臨終の場に立ち会ったのは貞純王后だけだった。
果たして、何があったのか。
正祖が不運だったのは、貞純王后に看取(みと)られてしまったことだった。
貞純王后は正祖の父の思悼(サド)世子を死に追いやった張本人の一人であったし、正祖の即位をずっと阻もうとしていた。
そんな政敵が、あろうことか正祖を看取る立場になろうとは……。
その異様な巡り合わせが憶測を生み、正祖の死後には「貞純王后に毒殺された」という噂が宮中に流れるようになった。




根拠は、「正祖の死によって一番の恩恵を受けたのが貞純王后であったこと」「正祖の薬を細工できる立場にあったこと」「臨終の場にただ一人で立ち会ったこと」などだ。
実際、正祖が亡きあとの朝鮮王朝は、貞純王后の思うがままになった。
(ページ3に続く)

イ・サン毒殺説の証拠の書状が200年後の現代に発見された!

正祖(チョンジョ)の最大の政敵が貞純(チョンスン)王后だった!

正祖(チョンジョ)は貞純(チョンスン)王后を処罰しなかった/朝鮮王朝歴史全集15

正祖(チョンジョ)の改革をつぶした貞純(チョンスン)王后/朝鮮王朝歴史全集16

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

中宗(チュンジョン)は時代劇で立派に描かれるが実際はダメな国王だった!




ページ:
1

2

3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る