廃位となった光海君の妻の運命は?

尊号を受けられなかった

柳氏は傲慢な女性であったが、自分たちの敗北を認め、死を選ぶことで恥の上塗りを避けようとした。
しかし、光海君は応じなかった。
彼は廃位になっても生に未練がありすぎた。
それは、悲劇の連鎖という運命を招いた。江華島に着いたあと、息子夫婦は逃亡を画策したことが発覚して自決した。
この出来事は柳氏に最後の決断を促した。彼女は息子の後を追うように首をくくって死んだ(病死したという説もある)。
その後も光海君は生きて、柳氏の死から18年後に66歳で世を去った。




今でも柳氏を語るときに廃妃(ペビ)という呼称がつきまとう。罪人として死んだために尊号を受けられず、他にたいした呼び方がないためだ。
それは、なんと不名誉なことであろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

おどろき朝鮮王朝7「光海君(クァンヘグン)の没落」

光海君(クァンヘグン)の即位/朝鮮王朝歴史全集9

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

南海の孤島に流された光海君(クァンヘグン)の屈辱!

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

おどろき朝鮮王朝8「仁祖(インジョ)の屈辱」




ページ:
1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る