英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝人物紀行6

朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)と側室の叔嬪・崔氏(スクビン・チェシ)との間に生まれた21代王・英祖(ヨンジョ)は、在位中に人権に配慮した政策を実施するなどの功績を立てたが……。





英祖の誕生

1720年に朝鮮王朝19代王・粛宗が亡くなった。その後を継いだのは、朝鮮王朝3大悪女の1人である張禧嬪(チャン・ヒビン)との間に生まれた20代王・景宗(キョンジョン)だ。彼は、名君になれる素質があった。しかし、身体は病弱であり、そこに目をつけたのが老論派(ノロンパ)だった。このときにある派閥争いが起きている。
争いを起こした2つの派閥は、老論派と少論派(ソロンパ)だ。もともとは西人派(ソインパ)という1つの派閥だったが、実権を握った際に内部で対立を起こして派閥が分裂したのだ。一方の小論派は景宗を支持し、もう一方の老論派は粛宗と叔嬪・崔氏の間に生まれた延礽君(ヨニングン)を支持した。
どちらも相手の派閥を落とすために、あらゆる手段を用いる。その派閥争いの影響で、何人もの官僚が処罰され、政治は混乱するばかりだった。結果的として政権を掌握したのは景宗を支持していた少論派で、老論派は追放されてしまう。
しかし、身体が弱かった景宗はわずか在位4年2カ月で世を去ってしまい、少論派の天下は終わりを迎えた。




本来なら景宗の子供が後継ぎになるのが当然だが、彼には子供が1人もいなかったので、異母弟の延礽君が21代王・英祖として即位した。それにより、一度は追放された老論派が息を吹き返した。派閥闘争とは名ばかりで、最終的に誰が王になるかで盛衰がはっきりするのである。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇1「老論派の陰謀」

端敬王后(タンギョンワンフ)/朝鮮王朝人物紀行4

敬恵〔キョンヘ〕王女/朝鮮王朝人物紀行5

世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物紀行7




ページ:

1

2 3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る