英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

朝鮮王朝の21代王の英祖(ヨンジョ)は、1694年に生まれた。父は19代王の粛宗(スクチョン)、母は側室の淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だ(ドラマ「トンイ」の主人公)。異母兄は、粛宗と張禧嬪(チャン・ヒビン)の間に生まれた6歳上の景宗(キョンジョン)だった。

兄を毒殺した首謀者?

◆1704年、英祖は10歳のときに結婚した。
妻は後の貞聖(チョンソン)王后である。
◆1718年、英祖の母の淑嬪・崔氏が世を去った。続いて、1720年に父の粛宗が亡くなった。
父に代わって、異母兄の景宗(キョンジョン)が20代王として即位した。




◆1719年、英祖の側室が長男の孝章(ヒョジャン)を産んだ。しかし、1728年に9歳で病死した。
◆1724年、景宗が在位わずか4年2カ月で亡くなった。彼には子供がいなかったので、英祖が21代王として即位した。30歳だった。
彼は各派閥から公平に人材を登用する政治を進めた。これは蕩平策(タンピョンチェク)と呼ばれ、英祖の治世を代表する政策の一つになった。
◆英祖を悩ませたのが、「景宗毒殺の首謀者」という噂だった。実は、景宗の具合が悪くなったとき、侍医が「食べ合わせが悪いので差し上げてはいけません」と制止するのも聞かず、英祖は景宗にケジャン(蟹を醤油漬けにした料理)と柿を食べさせた。
さらに、侍医が「いけません」と言ったのに英祖は景宗に人参の煎じ薬を処方した。その後に景宗は息を引き取った。英祖は、疑われても仕方がないような状況を自らつくってしまったのだ。
彼はなぜ、侍医の制止を振り切って逆効果を生んだ処方をしたのか。
その真相は謎に包まれている。
◆英祖の二男の思悼世子(サドセジャ)が1735年に生まれた。幼い頃から頭脳明晰で天才的な学力を備えていた。すでに長男をなくしていた英祖は二男に大いに期待したのだが……。




◆英祖の正室だった貞聖王后が、1757年に65歳で亡くなった。英祖との間に子供はいなかった。
◆1759年、英祖は二番目の正室として貞純(チョンスン)王后を迎えた。彼女は14歳だった。
65歳だった英祖とは、なんと51歳の年齢差があった。
◆1762年、刀をふりかざして怒りまくった英祖は息子の思悼世子を米びつに閉じ込めて餓死させてしまった。
思悼世子の素行の悪さを周囲から吹聴され、後継者にふさわしくないと判断して厳罰に処したのだ。実際、英祖の頑固でかんしゃくもちの一面が悲劇につながってしまった。
しかし、思悼世子が餓死したあと、英祖は自分の行ないを悔やんだ。
「なぜ、息子が生きている間に許せなかったのか」
それが英祖の生涯の悔恨となった。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

朝鮮王朝の歴史はこうなっている(前編)



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る