張禧嬪(チャン・ヒビン)の母が王宮に入る時に起きた事件は何か

粛宗(スクチョン)の側室となった張禧嬪(チャン・ヒビン)は、1688年に粛宗の長男を産んだ。その直後に、粛宗が激怒する事件が起こっている。それは、どんな出来事だったのだろうか。





激怒した粛宗

事件が起きたのは、1688年10月だった。張禧嬪が粛宗の長男を産んだ直後のことである。
張禧嬪の実母が娘の産後の世話をするために、屋根つきの輿(こし)に乗って王宮の中に入ろうとすると、司憲府(サホンブ/官僚の不正を糾弾して風紀を守る役所)の高官たちが、配下の者たちに命じて、張禧嬪の実母を輿から引きずり降ろし、輿をむざんに焼き捨ててしまったのである。
このことを知った粛宗は激怒した。
「王子の祖母に対して、なんということをするのか」
粛宗が憤慨するのも当然だった。
張禧嬪の実母は平民として宮中に入ろうとしたのではなく、粛宗の側室の母親として屋根つきの輿に乗っていたのである。
粛宗は司憲府をやり玉にあげた。




「貴人の母親が宮中に入ろうとしたときに、司憲府がこのように侮辱したという話は聞いたことがない。司憲府はなぜこんなことをしたのか」
(ページ2に続く)

王子を産んだ張禧嬪(チャン・ヒビン)はその後どうなった?

朝鮮王朝にはこんな悪女たちがいた!

悪女の典型とみなされた張禧嬪(チャン・ヒビン)の激しすぎる人生!

張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝人物紀行11

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る