明宗(ミョンジョン)/朝鮮王朝人物紀行17

韓国時代劇『オクニョ 運命の女(ひと)』は朝鮮王朝の13代王・明宗(ミョンジョン)の統治時代の話である。しかし、明宗は名ばかりの王だった。実母の文定(ムンジョン)王后が強権を持って官僚たちを牛耳っていたからである。

19歳上の兄

明宗は1534年に生まれた。父は11代王・中宗(チュンジョン)で、母は中宗の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后である。文定王后は中宗との間に1男4女をもうけたが、その「1男」が明宗だった。
明宗が生まれたとき、世子(セジャ/王の正式な後継者)となっていた19歳上の異母兄がいた。世子は1515年の生まれで、母は中宗の二番目の正室の章敬(チャンギョン)王后だった。




中宗の正室から生まれた王子は世子と明宗だけだったが、19歳も上の兄がいるだけに明宗が王位に就く可能性はとても低かった。
しかし、あきらめなかったのが母の文定王后であった。
(ページ2に続く)

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

国王とは名ばかりであった明宗(ミョンジョン)!

文定(ムンジョン)王后の悪政/朝鮮王朝歴史全集7

『オクニョ』の実在した登場人物は実際にどんな人だった?

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

ファン・ジニ/朝鮮王朝人物紀行18



ページ:

1

2 3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る