文定(ムンジョン)王后の悪政/朝鮮王朝歴史全集7

11代王の中宗(チュンジョン)と文宗(ムンジョン)王后との間には、1532年に息子が生まれます。この息子を文定王后は溺愛しましたが、中宗にはすでに二番目の正室だった章敬(チャンギョン)王后との間に生まれた長男がいて、この長男が世子(セジャ/王の正式な後継者)になっていました。結果的に、三番目の正室である文定王后の息子が王になることはできません。

度を越した親孝行

文定王后は希代の悪女です。
彼女は自分の息子を王にするために、世子を何度も殺そうとします。しまいには、世子の寝室に火を放って焼死させようとしました。
それなのに、世子は継母である文定王后を怨んだりしません。むしろ、「母が自分を殺そうとするなら、儒教の教えにのっとって、孝を尽くすためにこのまま死んでみせる」と言って、火事になっても逃げないのです。




確かに親孝行なのですが、度を越えすぎています。やはり、放火されたらすぐに逃げなくてはいけません。
中宗は1544年に56歳で亡くなり、世子が12代王・仁宗(インジョン)として即位します。
名君になる素質は十分だったのですが、仁宗は在位わずか8カ月で急死します。継母の文定王后に毒殺された可能性が高いと見られています。
実際に、文定王后を訪ねた際に餅を食べたのですが、その直後から重病になって命を落としています。
朝鮮王朝では王が毒殺されたという疑惑がかなり多いのですが、仁宗の場合が一番可能性が高いといわれています。
韓国時代劇『女人天下』では、文定王后が直接指示をしたわけではなく、手先の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が気を回して仁宗が飲む漢方薬に毒を入れたというふうに描かれていました。
あのドラマの場合は鄭蘭貞が主人公になっているので、彼女の関与を強調していたのですが、「朝鮮王朝実録」を読むと、仁宗が病床についたあとに文定王后がジッとせずにあちこちに出没して宮中を混乱させるような動きをしています。




真実はわかりませんが、仁宗の殺害を何度も狙った文定王后が最後に奥の手を使ったということが十分に考えられます。
いずれにしても、仁宗が30歳で亡くなったために、文定王后の息子が即位しました。それが13代王の明宗(ミョンジョン)です。
(ページ2に続く)

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝三大悪女よりもっとワルだった!

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

仁宗(インジョン)の毒殺を狙った文定(ムンジョン)王后の悪行とは?

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)の悪徳夫婦の最期とは?

中宗(チュンジョン)はあまりに優柔不断すぎる王だった!

最も在位の短かった12代王・仁宗(インジョン)/朝鮮王朝国王列伝12



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る