注目の記事 PICK UP!

中宗(チュンジョン)はあまりに優柔不断すぎる王だった!

1506年、暴君だった燕山君(ヨンサングン)は、彼に怨みを持つ高官たちが仕掛けたクーデターによって廃位となった。代わって王位に就いたのは、燕山君の異母弟であった中宗(チュンジョン)だった。

中宗がすがった相手

11代王となった中宗。
彼は自ら望んで王になったわけではなかった。
むしろ、逆だった。
荷が重い王座を拒否し続けた。
しかし、クーデターを成功させた高官たちは、嫌がる中宗を無理に即位させた。そうしなければ、朝鮮王朝の正統的な王位継承ができないからだ。




すべてのお膳立てが揃い、中宗は即位せざるをえなかった。そんなこともあって、中宗は高官たちの言いなりになるしかなかった。
妻であった端敬(タンギョン)王后をすぐに廃妃にしたのも、高官たちの意向に沿ったものだ。
端敬王后の父は燕山君の側近であり、叔母は燕山君の妻であった。つまり、端敬王后の身内には燕山君派が多かった。それが危険視されて、端敬王后は中宗から離縁された。これも、高官たちが意図したものだった。
断れなかった中宗も情けない王なのだが……。
そんな中宗がすがったのが士林(サリン)派の官僚たちだった。
この士林派は燕山君時代に弾圧を受けて勢力が衰えていた。しかし、中宗は彼らを復権させて自分の強力な側近にしようとした。この点では、中宗も自分で権力をふるいたいという欲があったのだ。
そんな中宗が士林派の中でも特に目をかけたのが趙光祖(チョ・グァンジョ)だ。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 〔あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!〕

  2. 〔正祖(チョンジョ)の最大の政敵が貞純(チョンスン)王后だった!〕

  3. 光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

  4. 歴代王の子供の人数はどれくらいだったのか

  5. 朝鮮王朝の歴代王が一目でわかる一覧表

  6. 〔即位してはいけない王であった哲宗(チョルチョン)!〕

  7. 朝鮮王朝を建国した初代王・太祖(テジョ)〔李成桂(イ・ソンゲ)〕/朝鮮王朝国王列伝1

  8. 仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

  9. 〔南海の孤島に流された光海君(クァンヘグン)の屈辱!〕

気になる国王

王妃の実像

アクセスランキング

PAGE TOP