悲劇の国王・端宗(タンジョン)/朝鮮王朝歴史全集4

端宗(タンジョン)の復位を狙って世祖(セジョ)の暗殺を狙った6人は、「死六臣」と呼ばれて庶民から大きな尊敬を集めます。忠義に殉じた高潔な志士というわけです。世祖からすると、端宗がこのまま生きていると死六臣のような事件がまた起こる、と疑心暗鬼になりました。

写真=植村誠

あまりに非道な王

世祖は端宗を上王から庶民に格下げし、辺境の地に流罪にしてしまいました。さらに、最後に死罪を申し渡します。それは、1456年のことです。端宗は16歳になっていました。
ところが、毒薬をもってきた使者があまりに忍びなくて、端宗になかなか渡せなかったのです。端宗は見るに見かねて、自分で首にひもを巻き、お付きの者に「引っ張れ」と命じて亡くなります。




罪人ということで、死後もその遺体を葬ってはいけないことになっていましたが、心ある有志が「それはあんまりだ」と憤慨してきちんと葬りました。「悲劇の王」という意味で、この端宗ほど悲しみを背負った王は他にいないでしょう。
一方、世祖は権力を万全に固めていきます。朝鮮王朝の法典の整備を進めるなど政治的には業績が多い王ではありますが、なにしろ甥から王位を奪ってその甥を殺しています。非道の王ということで、現代の韓国でも評判が悪いのです。
この世祖の晩年のことです。夢の中に端宗の母親がよく出てきたそうです。端宗の母親は「よくも私の息子を殺したな」と世祖を罵倒し、彼の顔にツバを吐いたとか。すると、世祖は顔に重い皮膚病が出て、それに苦しめられます。
世祖の2人の息子は早世してしまいます。世子だった長男は19歳のときに急死し、1468年に世祖が世を去ったあとに王になった次男の睿宗(イェジョン)も19歳で亡くなります。在位はわずか1年2カ月でした。人々は「世祖が端宗を殺した祟りだ」と噂しましたが、結果的に世祖が様々な災難におそわれたことは事実です。
まさに、因果応報というわけでしょうか。
睿宗が急死したとき、本来なら睿宗の息子が王位を継ぐのが原則なのですが、世祖の正妻だった貞熹(チョンヒ)王后は、先に亡くなった長男の息子に王を継がせようとします。その息子は2人いたのですが、特に二男のほうを指名しました。それが9代王の成宗(ソンジョン)です。




これは異例なことでした。王として亡くなった睿宗の息子が王位を継げなかったからです。貞熹王后にはいろいろと思惑があったのですが、結局は成宗が王位に就いたことで彼女の政治的影響力は非常に大きくなりました。
世祖が世を去っても、今度は妻が権力を握ったというわけです。
(ページ2に続く)

李成桂(イ・ソンゲ)が太祖(テジョ)として即位!/朝鮮王朝歴史全集1

世祖(セジョ)と「死六臣」の対決/朝鮮王朝歴史全集3

逆上した燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝歴史全集5

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

金宗瑞(キム・ジョンソ)はなぜ端宗(タンジョン)を守れなかったのか



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る