『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

5代王の文宗(ムンジョン)が1452年に亡くなり、11歳だった長男の端宗(タンジョン)が6代王となった。宮中では幼い端宗を籠絡しようと水面下での権力闘争が繰り広げられた。そんな宮中で、ひときわ強い存在感を放っていたのが端宗の叔父にあたる首陽大君(スヤンデグン)だ。彼は4代王・世宗(セジョン)の二男であり文宗の弟だ。





金宗瑞と首陽大君

首陽大君は、1453年10月10日に側近たちを自邸に集めて決起集会を開いた。
「まずは憎き金宗瑞(キム・ジョンソ)を討つ!」
そう決断した首陽大君は、端宗の最大の後見人である金宗瑞の屋敷に自ら乗り込んでいこうとした。
直接的に首陽大君が従者にしたのは二人だけだった。その二人はそれぞれ鉄槌と刀を隠し持っていた。
首陽大君は従者二人と金宗瑞の屋敷の門に立った。迎えたのは金宗瑞の息子の金承圭(キム・スンギュ)だった。
金承圭は首陽大君の訪問をいぶかしく思った。しかし、王族の重要人物だけにむげにできなかった。金承圭は父に首陽大君の来訪を告げた。それを聞いて、金宗瑞は門のところまで出てきた。




門をはさんで向かい合った金宗瑞と首陽大君。二人はともに一定の距離を保った。
その後、首陽大君は金宗瑞の隙を見逃さず、従者に金宗瑞を襲わせた。従者は隠し持っていた鉄槌を取り出して、それを思いっきり振りおろした。
一番の難敵を排除した首陽大君は、そのまま側近たちを大勢引き連れて端宗のもとへ向かった。
首陽大君は端宗に宣言した。
「謀反を計画して王朝を危機に陥れる重罪人を処分しました。他にも謀反を考えている人物に心当たりがあります。奴らの処分も私にお任せください」
屈強な武臣たちを従わせる叔父の迫力に、端宗はただ従うしかなかった。
首陽大君は勝手に王命を発して、高官たちを王宮に招集した。そして、自分の意にそぐわない高官たちをその場で殺害していった。




一夜にして王宮は首陽大君とその一派に牛耳られることになった。
この事件が「癸酉靖難(ケユジョンナン)」であり、これによって首陽大君は朝廷の権力を掌中に収めた。
首陽大君の弟の安平大君(アンピョンデグン)も、対立する兄によって死罪になった(安平大君は『不滅の恋人』のイ・フィのモデルとなった人物だ)。
(ページ2に続く)

『不滅の恋人』のイ・フィこと安平大君(アンピョンデグン)は誰なのか

首陽大君(スヤンデグン)と安平大君(アンピョンデグン)!確執で何が起こった?

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

金宗瑞(キム・ジョンソ)はなぜ端宗(タンジョン)を守れなかったのか

後世で忠義の心を称賛された「死六臣」!

敬恵(キョンヘ)王女の波瀾万丈な生涯!



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る