〔あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!〕

母の愛を知らずに育った

もし朝鮮王朝から1人だけタイムスリップさせることができるとすれば、誰を選ぶだろうか。
すぐに思い浮かんだのが、6代王の端宗(タンジョン)だった。
端宗は、祖父が4代王・世宗(セジョン)で父が5代王・文宗(ムンジョン)である。ともに学識にすぐれていた王として有名だ。




その血を受け継いで、端宗も文治主義の王政を行なうのに十分な素養を持っていた。しかし、彼は1452年に王位を継承したものの、3年後の1455年に叔父の首陽(スヤン)大君(世宗の次男で文宗の弟)に王位を奪われて、政治的な才能を発揮することができなかった。
朝鮮王朝の歴代王は27人なのだが、端宗ほど悲劇に見舞われた王は他にいないのではないか。
そもそも、端宗は生まれたときから哀しみに包まれていた。彼を産んだ顕徳(ヒョンドク)王后は産後すぐに亡くなってしまい、端宗は母の愛を知らずに育った。このことが端宗の人生に暗い影を落とす。
端宗が即位したとき、彼はまだ11歳の未成年だった。こういうときに朝鮮王朝では生母が摂政をして王が成人するのを待つのだが、端宗の場合は生母がいなかったので後ろ楯を得られなかった。それが叔父の首陽につけこまれる根拠となってしまった。
強引に端宗に譲位させて首陽が7代王・世祖(セジョ)となると、高官たちによって端宗の復位騒動が起きた。




それが歴史上有名な「死六臣」の事件だが、それを未然に防いだ世祖は再び復位騒動が起きないように、端宗を僻地に流罪としたあげくに死罪を命じた。1457年のことで、端宗はまだ16歳だった。
(ページ2に続く)

短命だった5代王・文宗(ムンジョン)/朝鮮王朝国王列伝5

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

金宗瑞(キム・ジョンソ)はなぜ端宗(タンジョン)を守れなかったのか

悲劇的な6代王・端宗(タンジョン)/朝鮮王朝国王列伝6

敬恵(キョンヘ)王女の波瀾万丈な生涯!



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る