イ・サンは大改革を予告した翌月に反対派に毒殺されたのか?(再読版)

朝鮮王朝を彩った27人の王の中で、イ・サンこと正祖(チョンジョ)ほど学問に精通した王は他にいなかった。「学問の道に進んでいれば、大学者になっていたことだろう」。そう評価されるほど、正祖の文才と博識は際立っていた。





老論派の黒幕

正祖は元来が頭脳明晰ではあったが、それ以上に大きかったのは夜通し読書にいそしんだことだ。といっても、ただの本好きではない。もっと切実に、夜に本を読まなければならない事情があった。
それは、寝ている間に暗殺されることを防ぐためだった。
常に命の危険にさらされていた彼は、寝る時間を少なくして自らの身を守ろうとした。読書は起きているための手段でもあったのだ。
そんな正祖は1776年に即位してから善政をずっと行なったが、さらなる大改革を宣言したのが1800年5月のことだった。
大改革の目玉は人事の刷新だった。当時は老論派が主流派閥だったが、正祖は「今後は新しい人材を積極的に登用する」と宣言した。それは、老論派の没落を意味していた。
それだけに、老論派は危機感を強めた。
それから1カ月後、正祖は突然高熱で倒れた。




病状は深刻になるばかりだった。そこに登場したのが貞純(チョンスン)王后だ。正祖の祖父にあたる英祖(ヨンジョ)の二番目の正室で、老論派の黒幕だった。
彼女は正祖の病床を取り囲んでいる高官たちに命令した。
「私が直接看病するから、みなの者は下がっていなさい」
高官たちは仕方なく部屋の外に下がった。
(ページ2に続く)

イ・ソジン主演『イ・サン』に登場するソンヨンのモデルは誰か?

『イ・サン』に主演したイ・ソジンの得意なアドリブは「ウインク」

朝鮮王朝最高の聖女は『イ・サン』に登場した孝懿(ヒョイ)王后!

イ・サン毒殺説の証拠の書状が200年後の現代に発見された!

イ・ソジンが語ると時代劇がさらに面白くなる1「撮影エピソード」



ページ:

1

2 3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る