朝鮮王朝三大悪女(張緑水、鄭蘭貞、張禧嬪)の哀れな最期とは?(歴史人物編)

「巨悪」は生き残る

三大悪女とは逆に、朝鮮王朝で最も悪政を行なったと言われている3人の王妃はどうだったのか。
それは、文定王后、貞純(チョンスン)王后、純元(スヌォン)王后のことだ。
この3人は、悪政を行なって王朝を腐敗させておきながら、自分たちは幸せなうちに世を去っている。
なぜ、それが可能だったのか。
王妃として自ら権力を手に入れたからこそ、文定王后と貞純王后と純元王后は、命が終わるまで女帝でいられたのだ。
一方の張緑水と鄭蘭貞と張禧嬪は、絶対的な後ろ盾があってこその悪女であった。その後ろ盾を失った瞬間に、自らの悪運が尽きたのである。




3人の王妃のような「巨悪」は生き残るが、後ろ盾が必要な他人次第の悪女は、最期は惨めな終わり方を強いられるものなのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

悪女の典型とみなされた張禧嬪(チャン・ヒビン)の激しすぎる人生!

トンイの告発によって張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪が決定!

暴君をそそのかした悪女・張緑水(チャン・ノクス)!

悪の手先として波乱万丈の人生を送った鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)の悪徳夫婦の最期とは?




ページ:
1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る