朝鮮王朝の「悲劇の五大王妃」とは誰か

悲劇の2人

◆仁顕(イニョン)王后
〔1667~1701年〕
19代王・粛宗(スクチョン)の正妻。粛宗が張禧嬪(チャン・ヒビン)を寵愛したために、彼女には何の落ち度もないのに1689年に廃妃となってしまった。しかし、1694年に復位。病弱で子供を産むことができず、1701年に34歳で亡くなった。時代劇『トンイ』では慈愛に満ちた王妃として描かれている。



◆明成(ミョンソン)皇后
〔1851~1895年〕
26代王・高宗(コジョン)の正妻。元来が聡明な女性で、政治にも積極的な関与。高宗の父の興宣大院君(フンソンデウォングン)と対立したが、ロシアに近づいて日本に対抗しようとした。1895年、日本の勢力によって王宮の中で殺害された。

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

廃位となった光海君の妻の運命は?

朝鮮王朝で最初に廃妃・死罪になった王妃は誰か

仁宗(インジョン)の毒殺を狙った文定(ムンジョン)王后の悪行とは?

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

ページ:
1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る