即位しなければよかった5人の国王とは誰なのか

518年続いた朝鮮王朝では27人の国王が統治したが、名君もいれば暴君もいて、さらに暗愚の国王もいた。そうした国王の中で、「即位しなければ良かったのに」と思える人を5人選んでみた。

最初の3人

◆端宗(タンジョン)
〔1441~1457年〕
6代王。在位は1452~1455年。5代王・文宗(ムンジョン)の長男として、わずか11歳で王となる。1455年、叔父の世祖(セジョ)に脅(おど)かされる形で王位を譲らされ、上王となるも権限はなかった。復位の動きを警戒した世祖は端宗を庶民に降格させた後、1457年に殺害した。即位しなければ悲劇も起こらなかったのだが‥‥。

◆燕山君(ヨンサングン)
〔1476~1506年〕
10代王。在位は1494~1506年。9代王・成宗(ソンジョン)の長男として生まれた。元来が粗暴な性格で、王朝最悪の暴君と言われた。側室の張緑水(チャン・ノクス)と一緒に退廃した生活を送り、王朝の金庫をカラにした。多くの人に怨まれ、1506年にクーデターによって王位を追われた。同年に流罪先の江華島(カンファド)で絶命した。



◆仁祖(インジョ)
〔1595~1649年〕
16代王。在位は1623~1649年。即位前は綾陽君(ヌンヤングン)と言われた。1623年、光海君(クァンヘグン)を追放して即位したが、反乱なども起こり、苦しい王政を強いられた。1636年に清に攻められ、1637年に降伏。清の皇帝の前で頭を地面にこすりつけて謝罪した。朝鮮王朝の27人の国王の中で、仁祖ほど屈辱を受けた人はいない。庶民からも「あまりにだらしがない」とさげすまれた。
(ページ2に続く)

韓国時代劇で一番目立つ5人の主役女性は誰か

朝鮮王朝で女傑王妃と呼ばれた5人は誰か?

王子を産んだ張禧嬪(チャン・ヒビン)はその後どうなった?

朝鮮王朝三大悪女より性悪だった最悪の側室とは?

朝鮮王朝の「悲劇の五大王妃」とは誰か




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る