朝鮮王朝で女傑王妃と呼ばれた5人は誰か?

朝鮮王朝では国王が絶対的な権力者であったが、実は国王以上に目立っていた王妃が何人もいた。それは、元敬(ウォンギョン)王后、貞熹(チョンヒ)王后、仁粋(インス)大妃、明聖(ミョンソン)王后、純元(スヌォン)王后の5人だった。





朝鮮王朝前期の3人

◆元敬(ウォンギョン)王后
〔1365~1420年〕
3代王・太宗(テジョン)の正妻。1398年、夫が政変を起こしたとき、政敵の急襲を察知していちはやく夫に知らせたり、武器をあらかじめ調達して夫のクーデターを成功に導いた。夫が王になってからは不仲になり、彼女の親族は謀略によってことごとく厳罰に処されているが、元敬王后は最後まで太宗に強く当たった女傑であった。

◆貞熹(チョンヒ)王后
〔1418~1483年〕
7代王・世祖(セジョ)の正妻。1453年、夫がクーデターを計画したとき、その行動に躊躇があることを見のがさず、迷う夫に鎧を着せて気合で送り出した。クーデターは成功し、夫は王となったが、内助の功が本当に大きかった。時代劇『王女の男』でも最後まで重要な役に設定されていた。



◆仁粋(インス)大妃
〔1437~1504年〕
7代王・世祖(セジョ)の長男・懿敬(ウィギョン)の正妻。懿敬は世子だったので、本来なら王妃になるはずだったが、懿敬が19歳で夭逝したために叶わなかった。しかし、仁粋大妃が産んだ二男が9代王・成宗(ソンジョン)となり、王の母にあたる“大妃”となった。朝鮮王朝の王族女性の中で一番学識があったと評価されており、息子の成宗に指図して様々な政治に関わった。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の「悲劇の五大王妃」とは誰か

朝鮮王朝最高の聖女は『イ・サン』に登場した孝懿(ヒョイ)王后!

光海君(クァンヘグン)の正室・柳氏(ユシ)の不運な人生!

光海君(クァンヘグン)と兄の臨海君!骨肉の争いの結末は?

チョン・イルが『ヘチ』で演じる英祖(ヨンジョ)が起こした大事件とは?



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る