チョン・イルが『ヘチ』で演じる英祖(ヨンジョ)が起こした大事件とは?

NHK・BSプレミアムで日曜日に放送されている『ヘチ 王座への道』。このドラマで主役のチョン・イルが演じているのが後の21代王の英祖(ヨンジョ)だ。この国王は、1762年に起きた大事件で有名だ。果たして、そのときに何が起こったのか。





怒りの国王

1762年5月22日、思悼世子(サドセジャ)の下で働く官僚の羅景彦(ナ・ギョンオン)が、「世子が謀反をたくらんでいます」と訴え出た。
王宮は大騒ぎとなった。
英祖は緊急事態を発令した。
告発者の羅景彦は厳しく取り調べられた。
さらに、告発された思悼世子もあわてて父の英祖のもとに駆けつけた。それは、亥(い)の刻(午後9時頃から11時頃の間)だった。
思悼世子は、英祖の住まいの寝殿の中庭で平伏した。
英祖は怒りをあらわにした。
「お前は本当に、側室を殺したり、宮中を抜け出して遊び歩いたりしているのか」
思悼世子はうなだれているしかなかった。
英祖は恐ろしい顔をして言った。




「側近の者たちが余に何も知らせなかったが、もし羅景彦がいなかったら、余がどうやってそれを知ることができたのか。こんなことをしていて、いったい国が滅びないとでも言えるのか」
震えながら思悼世子が願い出た。
「羅景彦に会わせてください。彼に問いただしてみたいのです」
英祖は拒んだ。
「そんな必要はない。すぐにここを立ち去れ!」
英祖の怒りはおさまらなかった。
思悼世子の素行の悪さは、何度も英祖の耳に入っていた。
思悼世子が酒乱であることも英祖は知っていた。側近に暴力をふるうことも……。
それでも、英祖は息子を信じようとした。信じていたかった。
しかし、今回ばかりは英祖の忍耐も限界を越えた。
それからしばらくして、英祖は思悼世子を呼び出した。
震えながら思悼世子が英祖の前に出ると、父は刀をふりかざしていた。




思悼世子は庭先で頭を地面にこすりつけて謝罪した。
「許してください。もう二度といたしません」
英祖は息子の言葉を無視した。
そして、怒りにまかせて叫んだ。
「自決せよ。今ここで自決するのだ」
思悼世子は恐怖で真っ青になった。
そばにいた高官たちは英祖の怒りを解こうとしたが、それは無理だった。
英祖の決意はあまりに固かった。
(ページ2に続く)

『ヘチ』でチョン・イルが演じた英祖(ヨンジョ)の晩年の正体!

英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝人物紀行6

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇1「老論派の陰謀」

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る