〔即位してはいけない王であった哲宗(チョルチョン)!〕

田舎の王族

朝鮮王朝には27人の王がいた。名君から暴君まで様々な人間が王位に就いていたが、一番異質な王を1人だけ挙げろと言われれば、それは25代王・哲宗(チョルチョン)を置いて他にいない。
なぜ、彼が異質だったのか。それは、田舎の無学な青年が青天の霹靂で王になったからである。
まさに、誰もが驚くビックリ人事だった。
そのあたりの経緯を説明しよう。
24代王の憲宗(ホンジョン)が1849年にわずか22歳で亡くなったとき、彼には息子がいなかったし、6親等以内の男子も王族にいなかった。
この緊急事態で策をめぐらせたのが、当時の王宮で絶大な権力を握っていた純元(スヌォン)王后(憲宗の祖母)であった。彼女は真っ先に、自分と一族が政治的影響力を維持できる方策を考えた。
その末に捜し出してきたのが、江華島(カンファド)で農業をしていた元範(ウォンボム)という青年だった。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る