貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

人望があったおかげ

張維が何度も仁祖を諭した。
「公主様に疑いをかけてはなりませぬ」
この言葉によって、仁祖は貞明公主を処罰することができなくなった。
いわば、貞明公主は張維によって救われたのだ。
しかし、仁祖はまったく懲りない。後に再び病に伏せたとき、またもや彼は貞明公主の呪詛を疑った。
これは、明らかなイジメであった。
このときも有能な高官の説得によって貞明公主は処罰を免れている。
クーデターを果敢に成功させた仁祖であったが、即位後は失政続きであった。その鬱憤(うっぷん)を貞明公主に向けたのかもしれない。
疑われた貞明公主こそ本当にいい迷惑だが、彼女は幸いにも有能な高官によって何度も救われた。
人望があったから、周囲の支持が高かったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

昭顕(ソヒョン)世子はなぜ急死したのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

ページ:
1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る