英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇2「告発された世子」

怒りが収まらない英祖

思悼世子が王の寝殿に入ってきて前庭で平伏した。しかし、英祖はあえて戸を閉めて、しばらく思悼世子に会わなかった。英祖も怒りを必死に静めようとしていたのだ。しかし、感情を抑えることはできなかった。
英祖は思悼世子を叱りつけるようにどなった。
「お前は本当に、王の孫の母(思悼世子の子供を産んだ側室をさしている)を殺したり、宮中を抜け出して遊び歩いたりしているのか。世子なのに、どうしてそんなことができるのか」
思悼世子はただ地面に伏してうなだれているしかなかった。
英祖の怒気を含んだ言葉が続く。
「側近の者たちが余に何も知らせなかったが、もし羅景彦がいなかったら、余がどうやってそれを知ることができたのか。王の孫の母は余も大変気に入っていたのに、どうして殺したりしたのか。こんなことをしていて、国が滅びないとでも言えるのか」




英祖の叱責を受けて、思悼世子はこう願い出た。
「どうか、羅景彦に会わせてください。彼に問いただしてみたいのです」
しかし、英祖はピシャリと言い切った。
「そんな必要はない。代理の者たちがすでに問いただしている」
(ページ4に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇1「老論派の陰謀」

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇3「自決の強要」

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇4「米びつに閉じ込められた世子」

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇5「不可解な生母の意図」

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲惨な親子関係/朝鮮王朝歴史全集14

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!




ページ:
1 2

3

4

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る