英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)に確執が生まれた日

1735年に生まれた思悼世子(サドセジャ)は神童と呼ばれた。喜んだ父の英祖(ヨンジョ)は、思悼世子が10歳のときから政治の表舞台にデビューさせた。これがいけなかった。当時の主流派閥は老論派(ノロンパ)だったが、思悼世子は老論派を批判してしまったのだ。




老論派のたくらみ

英祖は思悼世子が14歳のときから政治を一部代行させた。それほど我が子の才能を買っていて、実践を通して帝王学を授けようとしたのだ。
警戒したのが老論派である。
思悼世子が老論派のことを好ましく思っていなかったからだ。
「思悼世子が即位したら我々は危ない」
老論派は危機感を持った。
そこで、思悼世子のことを悪意をもって英祖に伝えた。
最初はまったく信じなかった英祖なのだが、しだいに思悼世子のことに懐疑的になっていった。
とにかく、老論派は英祖に対して、成人後の思悼世子の素行が良くないということをしきりに報告した。
怪しい者たちと遊んだり、公務をさぼったり、服装が乱れたり……。




思悼世子の悪い噂が英祖の耳に入る中で、「思悼世子は酒乱だ」という話も大げさに伝わってきた。
驚いた英祖は思悼世子に禁酒を命じた。
それなのに、1756年5月に1つの事件が起こってしまった。
その一部始終を述べてみよう。
英祖が急に思悼世子のもとを訪ねた。
意表をつかれた思悼世子は、あわてふためいた。
そのとき、服装も乱れていた。
英祖は思悼世子が泥酔していると疑った。
「世は禁酒を申し渡したはずだ。誰が酒を飲ませたのか」
英祖が大きな声を出した。
恐れおののいた思悼世子は自ら白状した。
「自分から飲みました」
しかし、そのときの思悼世子は酒を飲んでいなかった。
それなのに、彼はなぜ酒を飲んだと言ったのか。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)が英祖(ヨンジョ)に出した反省文とは何か

チョン・イルが『ヘチ』で演じた英祖(ヨンジョ)は即位後どんな王だった?

英祖(ヨンジョ)はトンイから庶民感覚を教え込まれた!

チョン・イルが『ヘチ』で演じる英祖(ヨンジョ)が起こした大事件とは?




ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る