仁粋(インス)大妃にとって燕山君(ヨンサングン)は最悪な孫だった!

国王の祖母

10代王こそが、悪名高い燕山君(ヨンサングン)である。
彼は、母が死罪になったことを知らないで育った。
なにしろ、成宗が「尹氏のことは絶対に話してはいけない」ときつく釘をさしていたからだ。
しかし、出世に目がくらんだ奸臣(かんしん)が燕山君にすべての真相をばらしてしまい、燕山君は逆上した。
暴君として知られた彼は、母の死に関係した者たちを大虐殺した。
67歳になっていた仁粋大妃は、出来の悪い孫を叱った。




しかし、もともと燕山君は母が死んだのも仁粋大妃のせいだと思い込んでいる。彼は冷静さを失い、仁粋大妃に暴力をふるってしまった。このときのケガがもとで、仁粋大妃は1504年に亡くなった。
燕山君がクーデターで廃位になるのは、その2年後のことだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

仁粋大妃(インステビ)の悲惨な最期とは?

朝鮮王朝で女傑王妃と呼ばれた5人は誰か?

朝鮮王朝で最初に廃妃・死罪になった王妃は誰か

おどろき朝鮮王朝5「仁粋(インス)大妃の脅迫」

最初に廃妃になった王妃は燕山君(ヨンサングン)の母!




ページ:
1 2

3

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る