仁祖(インジョ)と貞明公主(チョンミョンコンジュ)!確執の真相は?

韓国時代劇『華政(ファジョン)』では、綾陽君(ヌンヤングン)が光海君(クァンヘグン)を廃位にして仁祖(インジョ)として即位すると、ことごとく貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)と争っている。果たして、史実ではどうだったのか。





貞明公主を優遇した仁祖

1623年にクーデターを成功させて16代王になった仁祖は、貞明公主をとても優遇した。
なぜなら、貞明公主が仁穆(インモク)王后の娘だったからだ。
仁祖が朝鮮王朝の正統的な君主であることを許可したのは仁穆王后であり、仁祖には仁穆王后のご機嫌を取らなければならない切実な理由があった。それが、貞明公主を特別な待遇にすることにつながった。
貞明公主が高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚したのも仁祖の後押しがあったからだった。
さらに、仁祖は貞明公主に豪華な屋敷と広大な土地を与えている。仁祖はそこまで気をつかっていたのである。
それゆえ、『華政(ファジョン)』で描かれている仁祖と貞明公主の確執は、仁祖の即位当時にかぎると、史実とは違っていたのだ。




しかし、そんな仁祖が手のひらを返すときがやってくる。それは、仁穆王后が1632年に48歳で亡くなったあとだった。
仁祖はとたんに貞明公主に冷たくなった。まるで「もう用はない」という態度を取るようになったのだ。
このあたりは、仁祖の狡猾な性格が見え隠れしている。
『華政(ファジョン)』で貞明公主は、仁祖に対して呪詛(じゅそ)をした容疑をかけられる。
完全に仁祖の捏造であったのだが、史実でも似たような事件が起こっている。
(ページ2に続く)

貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

『華政』の貞明公主はなぜ大地主になれたのか

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!



ページ:

1

2

関連記事

特集記事

ページ上部へ戻る