〔申師任堂(シンサイムダン)の堂々たる人生!〕

特別な才能を持っていた

韓国の最高額紙幣は5万ウォン。その肖像画は、申師任堂(シンサイムダン)である。朝鮮王朝時代に“良妻賢母の鑑”と称された才女だ。
イメージの中では、もっと細面だと思っていたので、5万ウォン紙幣に描かれているふくよかな顔だちは意外だった。最高額紙幣にふさわしく見た目がプラスアルファされているのかもしれない。




申師任堂は1504年に生まれた。
幼い頃から絵の才能が抜群だった。
7歳のときに、有名な画家の山水画を模写したが、それを見た人の中から「本物よりうまいんじゃないか」という声も起こった。
そこまで褒められても、幼い申師任堂は「写すだけでは満足できません」と言ったという。すでに独自の画風を探求していたのだ。
彼女が動物を描くと、まるで紙の上で生きているかのようだった。あるとき、虫を描いた申師任堂がその絵を庭で乾かしていると、ニワトリが寄ってきて絵の中の虫を本当に食べようとした。勘違いしたニワトリも、さぞかしアテがはずれたことだろう。
絵画から刺繍に至るまで特別な才能を持っていた申師任堂。ただし、男尊女卑の風潮が根強かった朝鮮王朝時代に、女性が芸術性を伸ばす生活を続けることは難しく、彼女も親が決めた結婚話に従わざるをえなかった。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)はあまりに優柔不断すぎる王だった!

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

「王妃たちの朝鮮王朝1」

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る