朝鮮王朝を建国した初代王・太祖(テジョ)〔李成桂(イ・ソンゲ)〕/朝鮮王朝国王列伝1

生没年/1335年~1408年
在位/1392年~1398年

約518年も続いた朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)。彼の父は高麗(コリョ)の武将として国土防衛の重責を担った。その父は1364年に亡くなり、二男の李成桂がその地位を受け継いだ。

写真=植村誠

高麗の武将だった李成桂

25歳の若さで将軍となった李成桂は、庶民の生活を脅かす盗賊や、朝鮮半島沿岸を荒らす倭寇を掃討することで大きな戦績をあげた。人々は彼の大きなからだと耳を見て、尊敬と畏怖の感情を込めて「大耳将軍」と呼んだ。
そんな李成桂には一つの逸話が残されている。




それは李成桂が妻の実家に挨拶に向かったときのことだ。出発の遅れた彼は、日が暮れてしまい、小さな寺で一晩過ごすことになった。彼はそこで奇妙な夢を見る。
夢の中で李成桂は崩れかけた古い家の中にいた。彼が中でくつろいでいると、家は突如壊れていく。李成桂はその家から逃げ出すとき、3本の柱を背負っていた。
夢の中の出来事だったが、妙に気になった李成桂は、無学(ムハク)大師という名僧に、夢占いをお願いした。
無学大師は李成桂の話を聞くと、「古い家は高麗を指していて、3本の柱は家の重要な部分であり、それを背負ったということは、あなたは王になる運命だ」と話した。
1388年、元を滅ぼして新たに中国大陸を統一した明は、高麗に対して領土を差し出すように通告してきた。これに対し、高麗の禑王(ウワン)は李成桂に10万の大軍を預け、明を討つように命じた。
しかし、李成桂はこの戦いに否定的だった。彼は大国と戦争をするのは間違っていると述べて中止を求めるが、禑王の決意は変わらなかった。
王の決断に逆らえなかった李成桂は、遠征軍を率いて北方へ進軍を開始した。しかし、高麗の軍勢は、連日降り注ぐ雨によって、朝鮮半島北部の鴨緑江(アンノッカン)に位置する中州の威化島(ウィファド)にて足止めされてしまう。




もとから遠征に反対だった李成桂は、兵の士気が下がっていることを感じ、全軍を引き返すことにした。しかも、以前見た夢を思い出し、自分が王になろうと決断。攻撃の矛先を高麗の都・開京(ケギョン)に向けた。
圧倒的な強さで都を陥落させた李成桂は禑王を処刑。逆らう者を徹底的に排除していき、高麗の最高権力を手中に収めた。
(ページ2に続く)

弟の力を恐れた2代王・定宗(チョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝2

神徳(シンドク)王后を異様に憎んだ太宗(テジョン)!

『オクニョ』の実在した登場人物は実際にどんな人だった?

朝鮮王朝の歴史はこうなっている(前編)

『不滅の恋人』のイ・フィこと安平大君(アンピョンデグン)は誰なのか

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!朝鮮王朝三大悪女の哀れな最期



ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る